2019年12月25日

【連載】煩悩落としに名古屋へゴー! 〜福厳寺あきば大祭レポートその1〜

「年末だ、年末だ……」と言いながらお仕事に追われている方も多いかと思います。
昨年までガチ「居酒屋勤め」だった富女子会ライター部の石崎彩です。

年末の居酒屋というのもハードなものですが、「ビジネスマンってマジで大変よな」と忘年会を支援する側を通して毎年感じておりました。

一番よくあったのが、飲み放題コースで時間制限があるのに、最後まで人数全員集まらないこと。
「なぜ、早いところだと1ヶ月前から日時もコース内容も決めているのに集まれないのか?」初めの頃は疑問に思っていました。

 

                                                           幹事さんも大変ですよね。

そのうち、どうやら仕事が終わらなくて来られないことがほとんどの理由みたいだとわかりました。
いや、本当にビジネスマンは大変ですね。

ところで、年末の伝統行事ってみなさん何かやっていますか?
仕事納めの後、年末年始のお休みに入ってから、バタバタとお正月の用意などをすることが多いのではないでしょうか。

私も昨年まではそうでした。
お休みに入ってから神棚のお札を神社に行って取り替えてもらったり、お正月飾りを用意したり……。

あ、うちには神棚があるんです。
でも、今年の年末は「お寺」にご縁がありました。

みなさん知っている方もいるかと思いますが、12月に1年の厄を落とすために神社やお寺では、さまざまな行事が行われているところが多いんです。
で、実は今年の12月7日(土)に愛知県小牧市の福厳寺さんの年末大イベントである火渡りに参加してきました。

■火渡りとは……
修験道などの荒行の一つ。火を神聖視する思想から起こったもので、燃えている火の上を叩きながら、はだしで歩く苦行で、行者は呪文を唱えながら信者を先導する。
(ブリタニカ国際大百科事典より)

なんだか、説明だけ見るとめっちゃ怖いですが、要は「火の中を歩いて一年の厄を落としましょう」という伝統行事です。

福厳寺さんはYouTubeチャンネル一問一答でおなじみの大愚元勝和尚のお寺です!
登録者数17万人超の大人気チャンネル【大愚和尚の一問一答】https://www.youtube.com/channel/UC4arQnli3ffEuCSrSgAD_Ug

富女子会ライター部では、プロのライターが経営する株式会社文道さんにライティングを指導していただいています。
文道さんが以前、福厳寺さんとコラボしてライティングゼミを開催したご縁で、11月にも福厳寺さんのナーランダ出版さんと「ライティングレイルスブートキャンプ」という2日間のライティングゼミを開催しました。
その際に私は運営側としてお手伝いさせていただいていたのですが、福厳寺のお坊さんである広瀬さんにお会いし、そこで秋葉大祭という大きな行事が行われることをお聞きしたんですね。

「一年の中でも一番力を入れている行事です。夜に行われるメインの火渡りには、参拝者が境内に入りきらないくらいいらっしゃいます」

「これはもう行くしかない!」とその場にいたライター部員数名で参加することを決意。
人生で初めての火渡りに挑むこととなったのです。

そして、土曜日の朝6時半に町田近くの某駅に集合することになった、4人のライター女史たち。(マリリン、めぐさん、しゅうこさん、自分)
私は電車で向かったのですが、土曜始発は酒臭さが充満していてすごかったです。
金曜日にオールで戦った末にゾンビと化した戦士たちがたくさん。
いきなり煩悩と一緒に出発です。

待ち合わせの駅からはめぐさんの車で愛知へ。

 

次回、福厳寺で初体験! 座禅で失敗、サーセン!

2019年12月25日 | Posted in ブログ, ライター部 | | No Comments » 

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です